【トラック・ビート販売】海辺ビート Umibe Beat

TRAP音楽の世界:ヒップホップとは一線を画すその魅力と誕生秘話:TR-808サウンド

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像 HIPHOP
著者紹介:
可児波起@STAND WAVE

ネイチャーヒップホップグループ「STAND WAVE」のリーダー。メジャーアーティスト。ラップ、歌い手、作詞家、作曲家、編曲家。「JASRAC」に登録。25年のキャリアを持ち「ネイチャーヒップホップ」のジャンルを確立。『生きる』や『大自然』をテーマに曲を作り上げてる。ラップや歌のほか、作詞・作曲家として多くのアーティストに楽曲提供。心に響くメッセージを歌詞に込めている

可児波起@STAND WAVEをフォローする
可児波起
可児波起

この記事の要約です♫


このブログでは、プロの音楽家可児波起がTRAP音楽の歴史、ヒップホップとの違い、制作テクニックを詳細に解説します。音楽ファンや制作者に向け、TRAP音楽の深い魅力とその進化を理解し、音楽制作や鑑賞の新たな視点を提供します。

TRAP音楽の深い魅力:ヒップホップとは何が違う?

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

こんにちは、可児波起です。STAND WAVEのメンバーとして音楽活動をしている僕ですが、今日は音楽家としての視点から、一風変わったジャンル「TRAP音楽」についてお話ししたいと思います。

TRAP音楽と聞くと、皆さんはどんなイメージを持たれるでしょうか?多くの人が思い浮かべるのは、ヒップホップの一形態かもしれません。しかし、TRAP音楽には、ヒップホップとは異なる独特の歴史と魅力があります。今日は、その深い魅力を、僕の音楽制作の経験を交えながら紐解いていきます。

1998年にSTAND WAVEを結成してから、僕は多くの音楽と出会い、様々なジャンルに触れてきました。その中でも、TRAP音楽は特に心を惹かれるジャンルの一つです。このブログでは、TRAP音楽の誕生の歴史から、ヒップホップとの微妙な違い、そしてその独特な魅力について、僕の目線で解説していきたいと思います。

皆さんがTRAP音楽をもっと深く理解し、その魅力に触れるきっかけになれば嬉しいです。それでは、第一部から始めましょう。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

第一部:TRAP音楽の誕生とその背景

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

TR-808=ヤオヤとは?

1980年にローランド(Roland)という音楽機材メーカーが発売したリズム・マシン(ドラムマシン)
「TR-808」
のことを指します。

その後「TR-909」「TR-707」などの後継機も発売されましたが、TR-808への信頼は揺るぎないものでした。

特徴はそのサウンドで「808(ヤオヤ)サウンド」と言われるくらい、一度聞くと忘れられない、太いベースやドラムを作り出すことが出来ます。

1983年に製造が中止されましたが、現在は「プラグイン」という形で復刻し、各音楽メーカーが、808サウンドを再現した音源・プラグインを発売しています。

ローランドの「TR-808」公式ページへ

TRAP音楽のルーツ:アトランタから世界へ

TRAP音楽は、もともと1990年代初頭にアメリカのアトランタで生まれたジャンルです。この音楽は、ヒップホップの流れを汲みつつ、独自の発展を遂げました。TRAPという名前自体が、薬物取引が行われる場所を意味する「トラップハウス」から来ていることからも、その生まれた背景の厳しさが伺えます。

このジャンルの特徴は、重低音の808ドラムマシンの使用、高速なハイハット、そして暗くメランコリックなメロディです。僕が初めてTRAP音楽に触れたとき、その力強さと独特のリズムに心を奪われたことを今でも鮮明に覚えています。

ヒップホップとの違い

TRAP音楽はヒップホップと根本的に似ていますが、細部には大きな違いがあります。ヒップホップがより言葉のリズムやメッセージ性を重視するのに対し、TRAP音楽はサウンドの雰囲気やビートに重点を置いています。特に808ドラムの使用は、TRAP音楽の象徴的な要素です。僕自身も音楽制作で808ドラムを取り入れることがありますが、その重厚感とリズミカルな響きは、他のどの楽器にも代えがたい魅力があります。

また、TRAP音楽はその起源となる地域の文化や社会的背景を色濃く反映しています。歌詞の中には、貧困や犯罪、日々の生活の厳しさなど、リアルな生活の一面が描かれていることが多いのです。これらのテーマは、僕たちSTAND WAVEの音楽とは異なるかもしれませんが、音楽を通じて伝えられる生のメッセージの強さには、深いリスペクトを感じます。

初期のTRAPアーティスト

TRAP音楽の初期には、T.I.やGucci Maneなどのアーティストがその発展に大きく貢献しました。彼らの音楽は、TRAP音楽が持つ独特のスタイルを確立し、後のアーティストたちに多大な影響を与えました。僕自身、これらのアーティストの楽曲を聴いて音楽制作のインスピレーションを受けたことが何度もあります。彼らの作品は、ただの音楽を超えて、ある時代の声を伝える重要な記録でもあります。

ここまででTRAP音楽の誕生とその背景、ヒップホップとの違いについてお話ししました。次の部では、TRAP音楽の進化と現代への影響に焦点を当てていきたいと思います。

第二部:TRAP音楽の進化と現代への影響

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

TRAP音楽の進化:多様化するサウンドとスタイル

21世紀に入ると、TRAP音楽はさらに進化し、多様化を遂げました。このジャンルは、従来のヒップホップの枠を超え、エレクトロニックミュージックやダンスミュージックの要素を取り入れ始めます。この変化は、音楽の幅を広げると同時に、新しいリスナー層を獲得するきっかけとなりました。

僕自身も音楽制作の際、TRAP音楽の影響を受けています。特に、独特のリズムパターンやサウンドデザインは、新しい曲のアイデアを生む上で非常に刺激的です。エレクトロニックミュージックの要素を取り入れたTRAP音楽は、単なるジャンルの枠を超えた、豊かな音楽表現を可能にしました。

現代におけるTRAP音楽の影響

現代の音楽シーンでは、TRAP音楽は非常に大きな影響力を持っています。特に若い世代のアーティストたちにとって、TRAP音楽は表現の一つの形として定着しています。世界中で活躍するアーティストたちが、TRAP音楽の要素を取り入れた曲をリリースし、多くのファンを魅了しています。

例えば、Post MaloneやTravis Scottなどのアーティストは、TRAP音楽の要素を巧みに取り入れた曲で大きな成功を収めています。彼らの音楽は、TRAP音楽の特徴である重低音のビートや速いハイハット、そして独特のメロディーラインを活かしつつ、独自の音楽性を追求しています。このように、TRAP音楽は多様な音楽ジャンルと融合し、新しい音楽スタイルを生み出し続けています。

TRAP音楽の影響を受けた僕の音楽制作

STAND WAVEのメンバーとして、また作曲家、作詞家として、僕はTRAP音楽の影響を受けています。CubaseやStudio Oneを使った音楽制作では、TRAP音楽特有のビートやサウンドを取り入れることがあります。これらの要素は、新しい曲の構築において非常に大きな役割を果たしています。

TRAP音楽の影響は、ただビートやリズムにとどまらず、歌詞の内容にも表れています。社会的なメッセージや日常のリアリティを反映した歌詞は、聴き手に深い共感や考えるきっかけを与えることができます。僕たちSTAND WAVEは、普遍的なテーマを優しく歌うことで知られていますが、TRAP音楽から学んだ表現方法を取り入れることで、より深みのあるメッセージを伝えることができると感じています。

TRAP音楽の進化は、音楽の可能性を広げ、多くのアーティストに新しい表現方法を提供し続けています。次の部では、TRAP音楽の制作におけるテクニカルな側面、そして僕自身が音楽制作で心がけているポイントについてお話しします。

第三部:TRAP音楽制作のテクニカルな側面と私のアプローチ

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

TRAP音楽制作における鍵となる要素

TRAP音楽の制作においては、いくつかの鍵となる要素があります。まず、ビートの重要性は言うまでもありません。特に、低音の効いた808ドラムサウンドはTRAP音楽の特徴を形作る核となります。このドラムサウンドは、楽曲に力強さと深みを与える重要な要素です。

次に、速いテンポで刻まれるハイハットのパターンも、TRAP音楽には欠かせません。これにより、曲に緊張感と動きが生まれます。また、シンセサイザーやサンプリングを駆使したメロディラインは、楽曲に感情や雰囲気を加えるために重要です。

僕の音楽制作へのアプローチ

僕の音楽制作では、これらのテクニカルな要素を意識しつつ、それぞれの楽曲に独自の感情やメッセージを込めることを重要視しています。例えば、DAWソフトウェアであるCubaseやStudio Oneを使用してビートを作る際、ただ単にリズムを刻むだけでなく、そのリズムが持つ「感情」を大切にします。ビート一つ一つに心を込めることで、聴き手に直接訴えかける力を持たせるのです。

また、歌詞に関しては、STAND WAVEとしてのアイデンティティを保ちながらも、TRAP音楽から学んだリアルなメッセージ性を取り入れることで、より深い共感を呼び起こすことを目指しています。生きること、大自然、そして日常生活の中で感じるさまざまな感情を、TRAP音楽特有のリズムと融合させることで、新しい表現を生み出しています。

テクニカルな側面とアートの融合

音楽制作において、テクニカルな側面は非常に重要ですが、それだけでは十分ではありません。テクニックとアート、つまり技術と感情を融合させることが、真に心に残る楽曲を生み出す鍵となります。TRAP音楽制作においても、このバランスは非常に重要です。

僕は、これらの要素を心掛けながら、音楽制作に臨んでいます。TRAP音楽のテクニカルな側面を取り入れつつ、STAND WAVEの持つ独自の感性を融合させることで、聴き手に新たな体験を提供したいと考えています。

第四部:TRAP音楽とヒップホップの未来展望

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

TRAP音楽の発展とその影響

TRAP音楽は、その誕生以来、絶えず進化し続けてきました。これからも、TRAP音楽は様々な音楽ジャンルとの融合を進め、新しいスタイルを生み出すでしょう。デジタル技術の進化により、音楽制作の手法も変わりつつあります。これは、TRAP音楽にとっても大きな影響を及ぼしています。例えば、AIやデジタル音響技術の進歩は、より複雑で洗練されたサウンドを作り出すことを可能にしています。

ヒップホップとの関連性と未来

ヒップホップとTRAP音楽は、互いに影響を与え合いながら発展を続けています。ヒップホップの根本にあるメッセージ性と、TRAP音楽の独特なリズムやサウンドは、新しい音楽の形を作り出してきました。これからも、両ジャンルの間には刺激的な相互作用が続くことでしょう。

また、ソーシャルメディアや音楽ストリーミングサービスの普及により、これらのジャンルの音楽はより広範囲に拡散し、新たなファンを獲得しています。このようなプラットフォームを活用することで、アーティストは直接リスナーにアプローチし、多様な音楽を提供することが可能になっています。

僕の音楽への影響と展望

僕自身、TRAP音楽の持つダイナミズムとヒップホップのメッセージ性は、これからの音楽制作に大きな影響を与えると考えています。STAND WAVEとしての活動を通じて、これらの要素を融合させた新しい音楽を創造していくことに興奮を覚えます。また、ソーシャルメディアや音楽ストリーミングサービスを通じて、より多くの人々に僕たちの音楽を届けていきたいと思っています。

これからの音楽シーンにおいて、TRAP音楽とヒップホップは、互いに刺激し合いながら新しい地平を開拓していくでしょう。僕もその一翼を担い、音楽を通じて人々の心に触れることができればと思います。次は、読者の皆さんからよくある質問に答えていきたいと思います。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

よくある質問と答え

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

Q1: TRAP音楽とヒップホップの違いは何ですか?

A1:

TRAP音楽はヒップホップから派生したジャンルですが、重低音の808ドラム、速いテンポのハイハット、暗くメランコリックなメロディーが特徴です。一方、ヒップホップはリズムと言葉のメッセージ性に重点を置いています。TRAP音楽はサウンドの雰囲気やビートに、ヒップホップはリリックの表現により焦点を当てています。

Q2: TRAP音楽制作に必要な機材やソフトウェアは何ですか?

A2:

TRAP音楽制作には、808ドラムサウンドを扱えるドラムマシンやシンセサイザー、DAWソフトウェア(例えばCubaseやStudio One)が必要です。また、ハイハットのパターンを細かく制御できるMIDIコントローラーも役立ちます。

Q3: TRAP音楽を聴くときに注目すべきポイントは何ですか?

A3:

TRAP音楽を聴く際には、ビートの重さ、特に808ドラムの深みある低音や、速く複雑なハイハットのリズムに注目してください。また、サウンドの空間的な広がりや、メロディーの中に潜む感情表現も重要なポイントです。

Q4: TRAP音楽の主なテーマや歌詞の内容はどのようなものですか?

A4:

TRAP音楽の歌詞は、しばしば生のストリートライフや日常の苦悩を反映しています。貧困、犯罪、社会問題など、現実の厳しさを描くことが多いですが、アーティストによってはより個人的な体験や感情を表現することもあります。

Q5: TRAP音楽の将来の展望はどうですか?

A5:

TRAP音楽は今後も進化し続け、他のジャンルとの融合を深めていくと思われます。テクノロジーの進歩やデジタル配信の普及により、より多様な音楽スタイルやアーティストが登場する可能性が高いです。また、グローバルな音楽シーンでのTRAP音楽の影響力は増すことが予想されます。

まとめと感想

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

TRAP音楽とその奥深い世界

この記事を通して、TRAP音楽の歴史、特徴、そしてヒップホップとの違いについて深く掘り下げてきました。TRAP音楽は、単なるヒップホップのサブジャンルとしてではなく、独自の進化を遂げ、独特の文化とスタイルを築いてきたことが分かります。重低音の808ドラム、速いハイハット、メランコリックなメロディーが生み出す、その独特な雰囲気は、音楽ファンを魅了し続けています。

個人的な体験としてのTRAP音楽

僕自身、音楽家としてTRAP音楽に触れ、その影響を受けてきました。特に、サウンドのダイナミズムやリズムパターンの多様性は、僕の音楽制作に新たな刺激を与えてくれます。また、TRAP音楽の持つ社会的メッセージや生の感情表現は、音楽を通じて伝えることの大切さを改めて教えてくれました。

音楽の未来への期待

TRAP音楽の未来は、非常に明るいものと考えています。技術の進化、ジャンルの融合、そして新しいアーティストの登場により、これからも進化し続けるでしょう。STAND WAVEとしても、これらの進化を取り入れながら、リスナーに新しい音楽体験を提供していきたいと思います。

最後に、この記事を通じて、TRAP音楽の深い魅力に触れることができたなら幸いです。音楽は、常に変化し進化していくもの。僕たちも、その波に乗りながら、新しい音楽の創造を目指していきます。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

コメント

タイトルとURLをコピーしました