「高音質イヤフォン」プロが本気でオススメ1万円以下

JBL WAVE BUDS | JBLの妥協のない音作り 圧倒的な高音質
オーディオテクニカ ATH-SQ1TW | 高性能 高音質 快適 の3拍子揃う
EarFun Free 2S | 圧倒的高評価 コスパ最強の6千円以下
Anker Soundcore Life P2 Mini | 国内No.1販売数 最新規格に対応

【K-POP業界の闇】K-POPの未来はどうなる?業界の課題と問題点を解決する方法

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像 音楽ジャンル
著者紹介:
可児波起@STAND WAVE

ネイチャーヒップホップグループ「STAND WAVE」のリーダー。メジャーアーティスト。ラップ、歌い手、作詞家、作曲家、編曲家。「JASRAC」に登録。25年のキャリアを持ち「ネイチャーヒップホップ」のジャンルを確立。『生きる』や『大自然』をテーマに曲を作り上げてる。ラップや歌のほか、作詞・作曲家として多くのアーティストに楽曲提供。心に響くメッセージを歌詞に込めている

可児波起@STAND WAVEをフォローする

人生が変わる超高音質「ヘッドフォン」

SONY MDR-M1ST | 聞こえなかった音が聞こえる 声がそこにある 圧倒的No.1
SHURE SRH240A | 1万円以下で音楽人生が変わる超高音質
ゼンハイザー HD 599 | 低音の迫力が圧倒的 HIP HOP EDMなどに最適
AKG K712PRO | 臨場感・空気感が伝わる クラシックなどに最適

可児波起
可児波起

この記事の要約です♫


K-POP業界の課題と問題点を、音楽家の視点から具体例を交えて解説。過酷な競争や非人道的契約、アーティストの権利などの問題を紹介し、業界の未来について考察。K-POPファンや音楽業界に興味がある方必見。この記事を読めば、K-POP業界の知られざる実態とアーティストファーストな改革の必要性がわかります。

K-POPの課題と問題点を知って、業界の未来を考えよう

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

こんにちは、STAND WAVEの可児波起です。僕は「ラップ」と「歌い手」という2つの顔を持つメジャーアーティストで、25年以上音楽業界で活動してきました。

近年、世界的に大きな注目を集めているK-POP業界ですが、その裏側には多くの課題と問題点が潜んでいます。アーティストの過酷なスケジュール、非人道的な契約条件、過度なダイエット強要など、表舞台では見えない闇の部分が存在するのです。

このブログ記事では、僕自身の経験や業界人との交流から得た情報をもとに、K-POP業界の課題と問題点を具体例を交えて解説していきます。また、それらの問題を解決するための方策についても提案したいと思います。

K-POPは日本の音楽シーンにも大きな影響を与えています。業界の課題と問題点を理解し、解決策を考えることは、音楽を愛するすべての人にとって重要なことだと僕は考えています。

それでは、一緒にK-POP業界の未来について考えていきましょう。

第一部:K-POP業界の過酷な実態 – アーティストに課される非人道的な要求

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

過酷なスケジュールと長時間労働

K-POP業界で活躍するアーティストたちは、常に過密なスケジュールに追われています。僕が交流のあるK-POPアーティストは、1日平均4時間しか眠れないと漏らしていました。レッスン、レコーディング、ミュージックビデオの撮影、プロモーション活動など、休む間もなく働き続けるのです。

長時間労働は、アーティストの心身に大きな負担を与えます。SM Entertainmentに所属していたアイドルグループ「f(x)」のメンバー、ソルリは過酷なスケジュールが原因で、うつ病とパニック障害を発症したと告白しています。アーティストの健康を犠牲にしてまで、過度な働かせ方をするのは問題だと僕は考えます。

非人道的な契約条件

K-POPアーティストの多くは、10代の若さで事務所と専属契約を結びます。その契約内容は、アーティストに一方的に不利なものが多いのが現状です。

例えば、契約期間が7年以上に及ぶことや、アーティストに支払われる収入の分配割合が著しく低いことなどです。さらに、恋愛禁止条項やSNS使用制限など、アーティストの私生活を事務所が管理することも珍しくありません。

これでは、アーティストは自由な表現の場を奪われ、創作活動に専念できなくなってしまいます。音楽は自由であるべきだと僕は思うのです。

過度なダイエット強要

K-POPアーティストといえば、その細い体型が特徴的ですよね。いつも僕は、彼らの体型維持はかなり大変だろうと心配になります。

アー ティストたちへの過度なダイエット強要は、K-POP業界の大きな問題点の一つです。女性アイドルだけでなく、最近では男性アイドルにも「痩せろ」というプレッシャーが増大しているそうです。

一部の事務所では、所属アーティストに対して1日1食ダイエットを課したり、体重管理のために極端な食事制限を強いたりしているといいます。これは、拒食症などの摂食障害を引き起こす危険性が高いです。

アーティストの見た目も大切ですが、何より健康であることが第一だと僕は考えます。過度なダイエット強要は、即刻やめるべきだと思うのです。

K-POP業界の過酷な実態は、他にも多岐にわたります。第二部では、競争の激化がもたらす弊害について、具体的に見ていきたいと思います。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

第二部:K-POP業界の過当競争がもたらす弊害

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

デビューへの過酷な競争

K-POPアーティストになるには、まず事務所に所属してトレーニングを積む必要があります。しかし、そのトレーニング生の中から実際にデビューできるのは、ほんの一握りだといいます。

オーディション番組「PRODUCE 101」では、101人の練習生たちが切磋琢磨しながらデビューを目指す姿が放送されました。番組の過酷さから、脱落者が続出し、視聴者からは「まるで生き残りをかけた戦いのようだ」との声も上がったほどです。

デビューへの過酷な競争は、アーティスト候補生たちに大きなプレッシャーを与えます。僕は、音楽は競争ではなく、表現だと考えています。もっと自由に、のびのびと音楽に打ち込める環境が必要だと思うのです。

次々と生み出される類似アイドル

K-POP業界では、人気アイドルグループの成功に便乗するように、類似のコンセプトを持つグループが次々と生み出されます。

例えば、BTS(防弾少年団)の成功以降、同じように7人編成のボーイズグループが急増しました。音楽性やビジュアルイメージも酷似しているグループが多く、差別化が難しくなっているのが現状です。

類似アイドルの乱立は、アーティストたちのアイデンティティを曖昧にしてしまいます。一時的な流行に乗るだけでは、一過性の人気で終わってしまうリスクもあるでしょう。

僕は、音楽に「オリジナリティ」が大切だと考えています。他にはない魅力を持つことで、リスナーの心を動かすことができるのです。K-POP業界には、もっと多様で個性的なアーティストが必要だと思います。

チャート操作疑惑

K-POP業界では、楽曲のチャート順位が、アーティストの人気や勢いを示す重要な指標となっています。そのため、チャート上位をめぐる競争が過熱し、時にはチャート操作疑惑が浮上することもあります。

2018年には、あるアイドルグループの所属事務所が、大量のアカウントを動員して不正にストリーミング再生回数を稼いだとして、物議を醸しました。また、リパッケージアルバムを発売することで、チャート順位を上げる戦略も横行しています。

音楽は、本来、リスナーに純粋に愛されてこそ価値があるものです。僕は、チャート順位を不正に操作することは、リスナーを裏切る行為だと考えています。公正な競争が行われる環境づくりが急務だと思うのです。

K-POP業界の過当競争は、様々な弊害を生んでいます。第三部では、K-POPの音楽的な課題について、僕なりの視点で述べていきたいと思います。

第三部:K-POPの音楽的な課題 – 画一化とクオリティの追求

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

音楽の画一化

K-POP業界では、トレンドに合わせた楽曲制作が主流となっています。特に、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)の要素を取り入れた曲が多く、どの曲も似たようなサウンドに聞こえてしまうことがあります。

音楽プロデューサーとして活動する僕の友人は、「K-POPの楽曲は、ヒットメーカーと呼ばれる一部のプロデューサーによって量産されている」と話していました。彼らは、過去のヒット曲の特徴を分析し、効率的に楽曲を制作しているそうです。

しかし、音楽の画一化は、リスナーを飽きさせてしまう恐れがあります。多様な音楽性を追求することで、より多くのリスナーの心に響く音楽が生まれるはずです。僕自身、「ネイチャー・ヒップホップ」という新しいジャンルを開拓してきたアーティストとして、K-POP業界にも新風を吹き込んでほしいと願っています。

音楽クオリティの低下

K-POPは、派手なパフォーマンスやビジュアルで注目を集めることが多いです。しかし、その反面、音楽のクオリティが疎かになっているのではないかと僕は危惧しています。

例えば、歌唱力不足のアイドルが多数デビューしていることや、ライブでの生歌率が低いことなどが指摘されています。「口パク」や「音痴」といった批判の声も少なくありません。

僕は、歌手として最も大切にしているのは、歌唱力と表現力です。リップシンク(口パク)に頼らず、生歌で勝負できるアーティストを、もっと業界は育成すべきだと考えています。そうすることで、音楽の質の向上につながるはずです。

メッセージ性の欠如

K-POPの楽曲には、恋愛がテーマの曲が非常に多いですね。確かに、恋愛ソングは万人に響きやすく、親しみやすい題材だと思います。

しかし、その一方で、社会問題や人生観など、より普遍的なテーマを扱った楽曲が少ないのが気になります。僕は、音楽には「メッセージ性」が大切だと考えているんです。リスナーの心に何かを残せるような、意味のある歌詞を届けたいと思っています。

最近では、一部のK-POPアーティストが、社会派メッセージを込めた楽曲を発表し始めています。BTS(防弾少年団)の「Spring Day」は、セウォル号沈没事故を風化させないために作られた曲だと言われています。このような音楽が、もっと主流になってほしいですね。

K-POPの音楽的な課題は、まだまだ多く残されています。次の第四部では、K-POP業界の構造的な問題点について、掘り下げていきたいと思います。

第四部:K-POP業界の構造的な問題点 – 収益配分の不均衡とアーティストの権利

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

収益配分の不均衡

K-POP業界では、収益の多くが事務所に入り、アーティストに分配される割合が少ないと言われています。事務所とアーティストの間には、大きな力関係の差が存在するのです。

ある韓国の音楽専門家は、「アーティストに支払われるのは、収益の10%程度に過ぎない」と指摘しています。アーティストは、レッスン費や衣装代、宿泊費など、デビューまでにかかった費用を事務所に払い続けなければなりません。

「BIG BANG」の元メンバー、スンリは自身のインスタグラムで、「アーティストは、事務所にお金を借りてデビューする。だから、稼いだお金のほとんどを返済に充てることになる」と明かしています。

僕は、音楽活動で得られた収益は、アーティストにもっと還元されるべきだと考えています。アーティストが経済的に自立できる環境があってこそ、より自由で創造的な音楽活動が可能になるはずです。

アーティストの権利の軽視

K-POP業界では、アーティストの肖像権や音楽的な権利が軽視される傾向にあります。

例えば、「EXO」の元メンバー、タオは事務所を相手取り、不当な契約条件や人権侵害を訴える裁判を起こしました。彼は、事務所との交渉の末に契約を解除することができましたが、多くのアーティストは泣き寝入りを強いられているのが現状です。

また、作詞作曲に携わるアーティストが少ないのも問題だと僕は感じています。K-POPの楽曲の多くは、事務所が雇ったプロデューサーによって制作されます。つまり、アーティストは自分の音楽的なアイデアを反映させる機会が限られているのです。

僕自身、「作詞家」「作曲家」として、JASRAC(日本音楽著作権協会)に登録し、音楽制作に深く関わってきました。アーティストが自分の言葉で、自分の音楽を表現できることの大切さを実感しているんです。

K-POPアーティストにも、もっと音楽制作の自由や著作権を保障する仕組みが必要だと思います。アーティストの権利が尊重されてこそ、より良質な音楽が生まれるはずです。

以上、K-POP業界の抱える課題と問題点について、4つの視点から述べてきました。次は、よくある質問に答える形で、より具体的な事例を交えながら解説していきたいと思います。

よくある質問

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

Q1. K-POPアイドルの平均的な契約期間は何年ですか?

K-POPアイドルの契約期間は、グループやソロ活動で異なりますが、平均的には7年程度だと言われています。ただし、人気グループの場合、契約が更新されて10年以上に及ぶこともあります。

例えば、「少女時代」は2007年にデビューし、当初の契約期間は7年でした。しかし、彼女たちは契約を更新し、結果的に15年以上もの長期間、グループ活動を続けています。

一方で、契約期間の長さゆえに、スキャンダルや不祥事で突然活動を休止せざるを得ないアイドルもいます。「BIGBANG」のメンバー、V.Iは、契約途中で引退を余儀なくされました。

Q2. K-POPアイドルの収入源は何ですか?

K-POPアイドルの主な収入源は、音楽活動(CD販売、ダウンロード、ストリーミング)、コンサート、バラエティ番組出演、CM出演などです。

しかし、収入の多くは事務所に入り、アイドル個人に分配される金額は決して多くありません。特に、デビュー初期のアイドルは、レッスン費や衣装代などの借金返済に追われることが多いです。

最近では、YouTubeチャンネルの運営や、オンラインファンミーティングの開催など、新しい収入源も生まれています。アイドル個人の発信力が高まれば、収入アップにつながる可能性があるでしょう。

Q3. K-POPアイドルの恋愛はなぜ制限されているのですか?

多くのK-POPアイドルは、デビュー当初から恋愛禁止条項付きの契約を結ばされています。恋愛によってアイドルとしてのイメージが損なわれたり、熱愛報道によってファンが離れていくことを防ぐためです。

実際に、熱愛報道が原因で解雇されたアイドルもいます。「KARA」の元メンバー、ク・ハラは事務所の社長に熱愛を咎められ、グループを脱退せざるを得ませんでした。

僕個人としては、アイドルにも恋愛の自由はあるべきだと考えています。ファンとの信頼関係さえ築けていれば、恋愛を応援してもらえるはずです。最近では、一部の事務所が恋愛禁止条項を撤廃し始めているそうです。今後の変化に期待したいですね。

Q4. 日本でK-POPが人気な理由は何ですか?

日本でK-POPが人気な理由はいくつか考えられます。まず、ダンスパフォーマンスの完成度の高さが魅力的だと思います。キレのあるダンスは、日本の若者を中心に支持されています。

また、SNSの発達により、K-POPアイドルの日常を身近に感じられるようになったことも大きいでしょう。アイドルのInstagramやTwitterを通して、ファンとの距離が縮まっています。

さらに、韓国の美容や食文化など、「韓流」ブームの影響も無視できません。日本でK-POPを聴く人の中には、韓国カルチャー全般に興味を持つ人も多いのです。

しかし、日本の音楽シーンにもっとK-POPから学ぶべき点はあると、僕は考えています。パフォーマンスの徹底したクオリティ追求は、日本のアーティストも見習ってほしいですね。

Q5. K-POPアイドルになるにはどうしたらいいですか?

K-POPアイドルになるには、まず韓国の芸能事務所からスカウトしてもらうか、グローバルオーディションに参加する必要があります。SM EntertainmentやJYP Entertainmentなど、大手事務所は定期的にオーディションを開催しています。

ただし、オーディションの倍率は数百倍から数千倍に及ぶこともあり、かなりの狭き門です。合格するためには、歌やダンスの実力はもちろん、ルックスや性格も重要視されます。

オーディションに合格しても、デビューまでの道のりは長く厳しいものです。レッスン生として数年間、歌やダンス、言語などのトレーニングを積まなければなりません。

また、韓国語でレッスンを受けることになるため、韓国語の習得も欠かせません。日本人がK-POPアイドルになるためには、言葉の壁を越えることが大きな課題となるでしょう。

以上、K-POP業界についてのよくある質問に答えてきました。最後に、まとめと僕の感想を述べたいと思います。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

まとめと感想

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

僕たちSTAND WAVEは、「ネイチャー・ヒップホップ」というジャンルで25年以上活動してきました。日本の音楽業界で培ってきた経験から、K-POP業界を見つめることで、様々な課題や問題点が見えてきました。

K-POP業界の特徴は、徹底的なマーケティングと戦略的なプロモーションにあります。アイドルグループを「商品」として開発し、世界中に販売するビジネスモデルは、他の追随を許しません。パフォーマンスのクオリティの高さや、ビジュアル面での完成度は、日本の音楽業界も学ぶべき点だと思います。

しかし、その一方で、過酷な競争や非人道的な契約、アーティストの権利の軽視など、K-POP業界の闇の部分も見えてきました。音楽は本来、自由な表現の場であるべきなのに、K-POPアイドルたちは、事務所の管理下で、自分らしさを発揮できずにいるのです。

音楽的な面でも、画一化や個性の欠如といった課題があります。もっと多様な音楽性が認められてもいいはずです。僕は、Big Bangの「Loser」や、BTS(防弾少年団)の「Dynamite」のように、新しい表現や音楽性に挑戦するアーティストに希望を感じています。

これからのK-POP業界には、アーティストファーストの姿勢が求められると思います。アーティストが自由に音楽と向き合える環境を整備し、創作活動に専念できるようにサポートすること。そして、アーティストの権利を守り、公正な収益配分を実現すること。

そのためには、政府や業界団体の後押しも必要です。諸外国には、フランスの「アーティストのための法律」のように、アーティストの地位向上を目指す法律や支援策があります。韓国でも、K-POPの健全な発展のために、同様の取り組みが進むことを願っています。

日本の音楽業界にとっても、K-POPから学ぶべきことは多いと思います。特に、音楽の企画力やプロモーション戦略は参考になります。ただし、日本の音楽シーンには、J-POPならではの良さもあります。歌詞の表現力の豊かさや、メロディの美しさは、世界に誇れるものです。

大切なのは、お互いの良さを認め合い、切磋琢磨していくことだと僕は考えています。K-POPも、J-POPも、アジアを代表する音楽ジャンルとして、手を取り合って成長していけたらいいですよね。

僕自身、音楽家として、表現の自由と可能性を追求し続けたいと思います。そして、K-POP業界の未来が、アーティストにとってより良いものになることを心から願っています。

新時代の音楽シーンを、みんなで作っていきましょう。

音楽で、アジアを、世界を、もっとワクワクさせられる。そう信じています。

タイトルとURLをコピーしました