【トラック・ビート販売】海辺ビート Umibe Beat

バースとフックの意味からラップ歌詞の書き方まで完全ガイド:魅力的なリリック制作

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像 HIPHOP
著者紹介:
可児波起@STAND WAVE

ネイチャーヒップホップグループ「STAND WAVE」のリーダー。メジャーアーティスト。ラップ、歌い手、作詞家、作曲家、編曲家。「JASRAC」に登録。25年のキャリアを持ち「ネイチャーヒップホップ」のジャンルを確立。『生きる』や『大自然』をテーマに曲を作り上げてる。ラップや歌のほか、作詞・作曲家として多くのアーティストに楽曲提供。心に響くメッセージを歌詞に込めている

可児波起@STAND WAVEをフォローする

ラップの歌詞の書き方を伝授!「バース」や「フック」の意味も解説

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

こんにちは、STAND WAVEの可児波起です。僕たちは、音楽で「生きる」ことの素晴らしさや「大自然」の美しさを表現してきました。音楽制作の中心にはいつも歌詞があります。特にラップは、言葉の響きやリズム感が大切ですよね。今日は、僕の長年の経験から、ラップのリリックの書き方や「バース」、「フック」の意味についてお話ししようと思います。ラップを始めたい方、もっと上達したい方に、プロの視点から具体的なアドバイスをしていきますので、是非最後までお付き合いください。

第一部:ラップの基本構造 – バースとフックの役割

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

ラップにおいて重要なのが「バース」と「フック」です。バースの英語と直訳すると「小節」となります。音楽を構成する単位です。しかし、ラップミュージックでは、曲の主要な部分を指すことが多く、日本では「Aメロ」「Bメロ」と呼ばれる「サビ以外」の部分をさすこともあります。

リリシスト(歌詞を書く人)の思いやメッセージが表現される部分で僕が曲を作るとき、まずはギターでメロディーを考えながら、言葉のリズムや響きを感じています。バースでは、そのリズムに乗せて自分の思いを言葉にします。言葉選びには、特に心を込めますね。

一方で、フックは、簡単に言えば「サビ」です。「フック=引っ掛ける」ということから、最もリスナーの耳に残る部分でもあります。。フックは曲のキャッチーなフレーズや繰り返しを含みます。これが、聴き手の記憶に残り、曲の印象を大きく左右します。STAND WAVEの楽曲では、自然や生活の中の小さな幸せをフックにすることが多いです。

このバースとフックのバランスが、ラップ曲の魅力を最大限に引き出します。バースで深いメッセージを伝え、フックで心に残るフレーズを作る。これが、聴き手に強い印象を与える秘訣です。次の部分では、これらをどう具体的に作り上げるかについて、僕の経験を基に話していきますね。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

第二部:バースの作り方 – 感情とメッセージを込めて

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

バースを作る上で最も大切なのは、感情とメッセージをどう表現するかです。僕が作詞をするとき、まずは自分が伝えたいテーマや感情を明確にします。例えば、STAND WAVEの楽曲では「生きる喜び」や「自然の美しさ」など、深いメッセージを込めることが多いです。

バースの作り方にはいくつかのポイントがあります。まず、リズムに乗せた言葉の選び方が重要です。ラップは音のリズムに合わせて言葉を紡ぐので、単語一つ一つの響きやリズムが大切になります。僕は、CubaseやStudio OneなどのDAWソフトを使い、ビートに合わせながら言葉を選んでいます。

次に、ストーリーテリングの要素を取り入れることも大切です。聴き手が曲に感情移入できるよう、物語や具体的なイメージを盛り込みます。例えば、ある日の散歩中に感じた風の心地よさや、都会の喧騒の中で見つけた小さな自然など、身近な体験を織り交ぜてみるのも良いでしょう。

そして、何よりも自分自身の経験や感情を素直に表現することが重要です。僕自身も作詞をする際には、自分の心に正直になり、感じたこと、考えたことをストレートに言葉にしています。次に、これらのバースをどうフックと組み合わせるかについて、第三部で詳しくお話しします。

第三部:フックの作り方 – 記憶に残るキャッチーなフレーズ

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

「フック=サビ」はラップ曲において特に重要な部分で、リスナーの心に残るキャッチーなフレーズを作ることが目的です。フックは曲の顔とも言える部分で、多くの人に覚えてもらえるような印象的な言葉選びが求められます。STAND WAVEでは、普遍的なテーマを優しく表現することを心がけています。

フックの作り方において重要なのは、繰り返しとリズムです。繰り返しがあることで、フレーズは耳に残りやすくなります。例えば、「生きる」という言葉を何度も繰り返すことで、そのメッセージが強調されます。また、リズムに合わせた言葉の流れも大切です。リズミカルで覚えやすいメロディーを心がけることが、フックを際立たせるコツです。

さらに、フックは感情を直接的に表現する良い機会でもあります。僕たちSTAND WAVEの楽曲では、喜びや悲しみ、希望など、様々な感情をフックに込めています。これらの感情がリスナーに共感を呼び、楽曲への愛着を深めるのです。

バースで深いメッセージを伝えた後、フックでその感情を再度強調する。この繰り返しによって、楽曲の印象が強くなります。第四部では、これらの要素をどのように組み合わせて、一つの曲に仕上げるかについてお話しします。

第四部:バースとフックの融合 – 効果的な曲構成

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

バースとフックをうまく組み合わせることで、ラップ曲はその魅力を最大限に発揮します。ここでは、バースとフックを効果的に融合させる方法について、僕の経験を基に解説します。

バースとフックの流れを意識する

まず、曲全体の流れを大切にします。バースでは物語やメッセージをじっくりと伝え、フックでその要点をキャッチーなフレーズで再強調します。バースで構築したストーリーがフックでクライマックスに達するように構成すると、リスナーは曲の世界観に深く没入できます。

バースとフックのテーマの一貫性

バースとフックは、テーマを一貫させることも重要です。例えば、バースで「大自然の美しさ」について詳細に表現した場合、フックでも同じテーマをシンプルなフレーズで表現します。この一貫性が、曲の統一感を生み出し、より深い印象を与えることに繋がります。

感情の起伏を生かす

曲には感情の起伏を生かすことも大切です。バースで静かな感情を描いた後、フックで盛り上がるような構成を取ると、曲にダイナミズムが生まれます。逆に、フックで感情を高めた後にバースで落ち着かせることで、リスナーに安らぎを与えることもできます。

バースとフックの効果的な融合は、曲全体のクオリティを大きく左右します。次の「よくある質問」では、これらの点に関する具体的な疑問に答えていきたいと思います。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

よくある質問

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

Q1: ラップのバースで重要なことは何ですか?

A: バースでは、自分のメッセージや感情を深く、かつ明確に表現することが重要です。リズムに合わせた言葉選び、ストーリーテリング、そして自分の経験や感情を素直に表現することが、聴き手に強い印象を与えます。

Q2: フックを作る際のポイントは?

A: フックでは、繰り返しとリズムが鍵です。キャッチーでリズミカルなフレーズを作り、曲のテーマやメッセージをシンプルに表現することが重要です。感情を直接的に伝えることで、リスナーの心に残ります。

Q3: バースとフックのバランスはどのように取るべきですか?

A: バースで深い内容をじっくりと伝え、フックでその要点を単純明快な形で繰り返すことで、バランスを取ります。曲全体の流れを意識し、バースとフックが自然に繋がるように構成することが大切です。

Q4: 初心者がラップの歌詞を書く際のアドバイスは?

A: 初心者はまず、自分が伝えたいメッセージをはっきりさせ、それに基づいて言葉を選ぶことから始めましょう。シンプルなフレーズで感情を表現する練習をすると良いです。また、多くのラップ音楽を聴いて、リズムや言葉の使い方を学ぶことも効果的です。

Q5: ラップの歌詞を書く際のインスピレーションの源は?

A: 個人的には、日常生活の中のさまざまな体験や自然、社会問題などからインスピレーションを得ています。また、他のアーティストの作品から刺激を受けることもあります。感じたこと、考えたことを素直に言葉にすることが、オリジナリティのある歌詞を生み出す鍵です。

ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM 58」→→→リンク

まとめと感想

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

ラップの歌詞を書くことは、自分の心の内を表現する素晴らしい方法です。バースでは、深いメッセージや感情を伝え、フックでそれを印象的なフレーズで再表現します。このバランスが、リスナーにとって忘れがたい曲を作る鍵となります。

僕自身、音楽を通じて多くの人々に影響を与えられることに深い喜びを感じています。STAND WAVEでの25年間の経験は、言葉の力、音楽の力を改めて教えてくれました。ラップの歌詞を書くことは、単にリズムに言葉を乗せる以上のものです。それは、聴き手の心に響く物語を紡ぐこと、感情を共有することです。

この記事が、ラップを書きたいと思う皆さんの一助になれば幸いです。自分自身の言葉で、心からのメッセージを伝える勇気を持ってください。音楽は、それぞれの心の中にある無限の可能性を解き放つ鍵です。それでは、皆さんの創造性が花開く瞬間を心から楽しみにしています。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

コメント

タイトルとURLをコピーしました