【トラック・ビート販売】海辺ビート Umibe Beat

初心者のための作曲入門:鼻歌から生まれるメロディーの魔法

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像 音楽制作
著者紹介:
可児波起@STAND WAVE

ネイチャーヒップホップグループ「STAND WAVE」のリーダー。メジャーアーティスト。ラップ、歌い手、作詞家、作曲家、編曲家。「JASRAC」に登録。25年のキャリアを持ち「ネイチャーヒップホップ」のジャンルを確立。『生きる』や『大自然』をテーマに曲を作り上げてる。ラップや歌のほか、作詞・作曲家として多くのアーティストに楽曲提供。心に響くメッセージを歌詞に込めている

可児波起@STAND WAVEをフォローする
可児波起
可児波起

この記事の要約です♫

このブログは、STAND WAVEの可児波起が、作曲初心者向けに基本から挑戦の克服方法までを解説しています。音楽理論、メロディーの創造、クリエイティブブロックの克服など、実体験に基づくアドバイスが満載。読者は作曲の楽しさと自己表現の方法を学び、自身の音楽制作に活かすことができます。

音楽の旅路を始めよう:作曲初心者のためのステップバイステップガイド

こんにちは、可児波起です。僕は「STAND WAVE」というネイチャーヒップホップの音楽グループで活動しているラッパー、歌い手、作詞家・作曲家です。JASRAC(日本著作権協会)にも登録されています。

今日は、これから作曲の世界に足を踏み入れようとしている皆さんに向けて、僕の経験と知識をもとに、作曲の初歩についてお話ししたいと思います。

作曲は、ただ楽器を演奏すること以上のものです。それは感情、思い出、そして生きているすべての瞬間を音楽という形で表現する芸術です。でも心配しないでください。僕が皆さんに伝えたいのは、「作曲は誰にでもできる」ということです。ギターを手にしたその瞬間から、皆さんもすでに作曲家の一歩を踏み出しているんです。

このブログでは、初心者が作曲を始める方法について、実際の経験を交えながら具体的に解説していきます。最初の一歩として、どのようにメロディーを生み出すか、鼻歌から曲を作る方法など、実践的なアプローチをご紹介します。プロの作曲家としての目線で、皆さんの創作活動の一助となれば幸いです。

では、音楽という美しい旅に一緒に出かけましょう。

第一部:作曲の最初の一歩 – 鼻歌から始めよう

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

作曲の世界に足を踏み入れる最初のステップは、意外とシンプルです。それは、鼻歌から始めること。そう、ただ心の中で響いているメロディーを口ずさむことからすべてが始まります。僕が「STAND WAVE」で曲を作るときも、よく自然の中で感じたことや日常の小さな出来事からインスピレーションを受け、それを鼻歌にしています。

鼻歌からメロディーを育てる

  1. 自然なメロディーを見つける:日常生活でふと思い浮かんだ旋律を大切にしましょう。シャワーを浴びながら、散歩をしながら、心が自然と歌いたくなるような瞬間を探してください。
  2. 鼻歌を記録する:スマートフォンや録音機器を使って、その瞬間瞬間の鼻歌を録音しましょう。後で聴き返すことで、そのメロディーが持つ可能性を探ることができます。
  3. メロディーを形にする:録音した鼻歌を元に、ピアノやギターでメロディーを再現してみましょう。ここで大事なのは、メロディーの流れやリズムを忠実に再現することです。

試行錯誤を楽しむ

作曲は、試行錯誤のプロセスです。最初から完璧なメロディーが生まれることは稀ですが、それが作曲の醍醐味でもあります。例えば、僕が「STAND WAVE」の曲「大自然」を作ったとき、最初の鼻歌はシンプルなものでした。しかし、何度も繰り返し試すうちに、徐々に曲の形が見えてきました。この「繰り返し」というプロセスを通じて、メロディーは磨かれ、深みを増していきます。

初心者の皆さんも、一つのメロディーに固執せず、さまざまなアイデアを試してみてください。そして、その過程を楽しむことが重要です。だって、音楽は楽しむためのものですから。

次回は、メロディーを育てるための具体的なテクニックについて詳しくお話ししようと思います。どんな小さな鼻歌も、大きな作品へと成長する可能性を秘めています。それでは、また次回お会いしましょう。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

第二部:メロディーを育て、曲へと昇華させるテクニック

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

前回は鼻歌からメロディーを生み出すことについてお話しました。今回は、そのメロディーをどのように育て、一つの曲へと昇華させるかに焦点を当ててみましょう。

メロディーの育て方

  1. ハーモニーを加える:メロディーに合うコード進行を見つけましょう。僕は「STAND WAVE」の曲作りで、ギターを使ってコード進行を試します。シンプルなコードから始めて、徐々に変化を加えることで、メロディーがより豊かになります。
  2. リズムとの調和:メロディーをリズムに合わせてみましょう。DAWソフトウェアを使用して、様々なドラムパターンやリズムトラックを試してみるのも良い方法です。「Cubase」や「Studio One」などのソフトウェアには、多くのリズムパターンが内蔵されており、曲作りのインスピレーションを得るのに役立ちます。
  3. アレンジの試行錯誤:メロディーにさまざまな楽器を加えてみましょう。ピアノ、ストリングス、さらにはエレクトロニックサウンドなど、異なる音色を試すことで、曲の雰囲気が大きく変わります。

メロディーを曲にする

  1. 構成を考える:一つのメロディーから、イントロ、Aメロ、Bメロ、サビといった曲の構成を考えましょう。各部分がどのようにつながるか、どのように展開するかを考えるのが重要です。
  2. 歌詞をつける:メロディーに合わせて歌詞を書いてみましょう。歌詞は曲に深みと意味を与えます。僕は「STAND WAVE」での楽曲制作時、メッセージを大切にした歌詞作りを心がけています。
  3. デモ録音をする:構成が固まったら、デモ録音をしましょう。これにより曲全体のバランスを確認し、改善点を見つけることができます。

これらのステップを踏むことで、初めての鼻歌が徐々に一つの曲へと昇華されていきます。曲作りは決して一直線ではなく、試行錯誤の連続です。しかし、そのすべてが創造的なプロセスの一部であり、最終的には素晴らしい音楽を生み出すための重要なステップとなります。

創造性を育むコツ

  1. インスピレーションを大切にする:突然のひらめきや感情の波を大切にしましょう。僕たち「STAND WAVE」は、自然や日常生活から受ける感動を大切にし、それを音楽に反映させています。
  2. フィードバックを受け入れる:信頼できる仲間や先輩ミュージシャンからのフィードバックは、曲を磨く上で非常に有益です。僕も新しい曲を作るときは、グループ内で意見を交換し、お互いに刺激を受けています。
  3. 継続することの大切さ:作曲は一朝一夕に上達するものではありません。継続的に取り組むことで、自然と技術が磨かれ、表現力が豊かになっていきます。

「STAND WAVE」での経験から言えることは、作曲はただの技術以上のものです。それは自己表現の一形態であり、自分の内面と向き合う手段です。だから、初心者の方々にも、一歩一歩自分のペースで作曲の世界を楽しんでほしいと思います。

次回は、作曲プロセスで直面する挑戦と、それを克服する方法についてお話しします。それでは、またお会いしましょう。音楽という素晴らしい旅を続けましょう。

第三部:作曲プロセスの挑戦と克服方法

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

作曲の旅は、創造的で充実したものですが、時には挑戦に直面することもあります。僕自身、STAND WAVEでの作曲活動を通じて様々な壁にぶつかりました。今回はそんな挑戦と、それをどう乗り越えるかについてお話しします。

挑戦1:アイデアの行き詰まり

作曲をしていると、時にアイデアが出なくなることがあります。これは「クリエイティブブロック」とも呼ばれ、多くのアーティストが経験します。

克服方法:

  • 環境を変える: 普段とは違う場所で作曲を試みることで、新しいインスピレーションを得られます。僕は自然の中でアイデアを得ることが多いです。
  • 他のアーティストの作品を聴く: 異なるジャンルの音楽を聴くことで、新しい視点が得られます。僕はジャズやクラシック、さらには民族音楽にも耳を傾けています。

挑戦2:技術的な困難

作曲には、楽器の演奏能力や音楽理論の知識が必要です。これらのスキルが不足していると、理想のサウンドを作り出すことが困難になることがあります。

克服方法:

  • 練習と勉強: 基本的な楽器演奏技術や音楽理論を学び、継続的に練習することが重要です。僕は毎日ギター練習を欠かしません。
  • 専門家からの学び: 音楽教室やワークショップに参加することで、プロのミュージシャンから直接学ぶことができます。

挑戦3:自己批判

自分の作品に対する厳しい自己批判は、創作活動を妨げる原因となることがあります。

克服方法:

  • ポジティブなマインドセットを持つ: 自分の作品に対する批判的な視点は大切ですが、それに囚われすぎないことも重要です。
  • 他者の意見を求める: 信頼できる友人や他のミュージシャンの意見を聞くことで、客観的な視点を得られます。

まとめ

作曲は、単なる音楽を作る過程以上のものです。それは自己表現の手段であり、内面の探求です。挑戦は必ずありますが、それらを乗り越えることで、より深い芸術的な満足を得ることができます。次回は、よくある質問とその回答を共有し、僕の経験から得た教

訓を皆さんと共有します。それでは、次回お会いしましょう。クリエイティブな旅を続けていきましょう。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

よくある質問と答え

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

Q1: 作曲初心者が最初に学ぶべきことは何ですか?

A1: 最初に学ぶべきは、基本的な音楽理論と楽器の演奏です。コード、スケール、リズムの基礎を理解することが重要です。また、メロディーを手早く作れるよう、簡単な楽器(例えばキーボードやギター)の基本的な演奏技術を身につけることをおすすめします。

Q2: アイデアが浮かばない時、どうすれば良いですか?

A2: アイデアが浮かばないときは、まずはリラックスすることが大切です。散歩をする、別の趣味に時間を費やす、または全く異なるジャンルの音楽を聴くことで、新しいインスピレーションが得られることがあります。無理にアイデアを出そうとせず、心を開いて新しい刺激を受け入れましょう。

Q3: 自分の作曲スキルを向上させるにはどうすればいいですか?

A3: スキル向上のためには、継続的な練習が不可欠です。日々の練習を通じて楽器の演奏能力を高め、音楽理論の知識を深めることが重要です。また、他のアーティストの作品を分析し、自分なりの解釈を加えてみるのも良い方法です。

Q4: 作曲におけるブロックを解消するための具体的なテクニックはありますか?

A4: クリエイティブブロックを解消するためには、まずは現在のプロジェクトから一時的に離れることをおすすめします。新しい環境や活動に身を置くことで、新たな視点が生まれることがあります。また、自分が心から楽しめる音楽活動に時間を費やすことも効果的です。

Q5: 自分の作品に自信を持つためにはどうすればいいですか?

A5: 自信を持つためには、自分の作品を他人に聴かせ、フィードバックを得ることが重要です。また、自分がこれまでに成し遂げたことを振り返り、小さな成功を祝うことも自信を育むのに役立ちます。批判的な意見も参考にしつつ、最終的には自分の音楽的直感を信じることが大切です。

まとめと感想

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

このブログを通じて、作曲の基本からプロセスの挑戦とその克服方法について、僕の経験を基にお話ししました。作曲は単に音を並べる行為ではなく、自分自身の感情や経験を表現する深いプロセスです。鼻歌から始まる小さなアイデアが、徐々に形を成し、一つの完成された曲へと昇華する過程は、何度経験しても魅力的です。

特に重要なのは、作曲は誰にでも始めることができ、そして誰もが独自の音楽を生み出すことができるという点です。初心者の方々も、今回紹介したステップを踏んでみることで、自分だけの音楽を作り出すことができるでしょう。そして、挑戦に直面したときは、それを乗り越えることでさらに成長できるということを忘れないでください。

個人的な感想としては、作曲は僕にとってただの仕事以上のものです。それは情熱、創造性、そして自己表現の場です。このブログを通じて、少しでも多くの方に作曲の楽しさを伝えられたら幸いです。そして、皆さんがそれぞれの音楽旅行を楽しむことを心から願っています。

皆さん、音楽制作の旅において、どんな小さな一歩でも大切にしてください。そして、その旅を通じて自分自身と音楽の新たな側面を発見していただければと思います。それでは、皆さんの音楽的冒険が素晴らしいものになりますように。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

コメント

タイトルとURLをコピーしました