【トラック・ビート販売】海辺ビート Umibe Beat

ヒップホップ作曲の魔法:サンプリングとコードで生まれる音楽

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像 HIPHOP
著者紹介:
可児波起@STAND WAVE

ネイチャーヒップホップグループ「STAND WAVE」のリーダー。メジャーアーティスト。ラップ、歌い手、作詞家、作曲家、編曲家。「JASRAC」に登録。25年のキャリアを持ち「ネイチャーヒップホップ」のジャンルを確立。『生きる』や『大自然』をテーマに曲を作り上げてる。ラップや歌のほか、作詞・作曲家として多くのアーティストに楽曲提供。心に響くメッセージを歌詞に込めている

可児波起@STAND WAVEをフォローする
可児波起
可児波起

この記事の要約です♫


この記事は、ヒップホップ作曲の基本から先進的なアプローチまでを解説しています。特に、サンプリングとコード進行に焦点を当て、初心者から上級者まで幅広い音楽制作者に向けた内容です。読者は、実践的な作曲技法、クリエイティブな発想、そして音楽制作におけるインスピレーションの源を発見することができます。

ヒップホップ作曲の世界へようこそ

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

こんにちは、可児波起です。STAND WAVEというネイチャーヒップホップを奏でるグループの一員として、私は音楽を通じて「生きること」や「大自然」といった普遍的なテーマを表現しています。25年のキャリアを積み重ね、作詞家、作曲家としても活動している僕が、今回はヒップホップの作曲方法に焦点を当て、サンプリングやコード進行の理解についてお話しします。

音楽制作において欠かせないDAWのCubaseやStudio Oneを使いながら、プロの音楽家としての経験と体験を交えて、ヒップホップ作曲の魅力とその技術を分かりやすく説明していきます。それでは、ヒップホップ作曲の奥深い世界へ一緒に踏み込んでいきましょう。

Q: サンプリングの著作権はどうなっていますか?

A: 他人の曲をそのままサンプリングする際には「必ず」著作者に使用許可が必要です。1990年代〜2000年代は、この部分がグレーで、あとになって著作権料を高額請求(数億円)されるケースが多発しました。ですので、現在流通している曲で、人の曲をそのままサンプリングされたものは、必ず「著作者」に許可を得て、また著作権料を支払って制作されています。この部分を知らずに、人の曲を勝手にサンプリングし配信などをして利益を得てしまうと、後々大変なことになるので、気をつけましょう

第一部

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

ヒップホップ作曲の基礎:サンプリングの魅力

ヒップホップ音楽の魅力の一つに、サンプリングがあります。サンプリングとは、直訳すると「抜き取る・抽出する」という意味です。

ヒップホップ・ラップミュージックでは、既存の音楽や音から一部を切り取り、それを使って新しい楽曲を作る技術のことを指します。僕がSTAND WAVEで曲を作る際も、自然の音や古いレコードの断片を使うことがよくあります。サンプリングはただのコピーではなく、そのサンプルに新たな命を吹き込むクリエイティブなプロセスです。

コード進行の理解とその重要性

ヒップホップでは、コード進行も重要な役割を果たします。コード進行とは、曲の調性や雰囲気を決めるために、特定の順番でコードが進むことを指します。例えば、僕がよく使うギターでのシンプルなコード進行は、楽曲に温かみや懐かしさを与えることができます。コード進行をマスターすることで、楽曲の感情表現の幅が広がります。

ここで大きな問題にぶつかります。過去のレコードから曲の断片をサンプリングしたさいに、そのメロディーの「コード進行」がわからないと、その後に、独自に「ベース」や「うわもの」を載せた時に、不協和音が発生していまします。

ですので、コード進行を理解することと、サンプリングした音源のコード進行を割り出すことは、ヒップホップ・ラップミュージックの曲作りでは非常に大切なスキルになります。

実際の作曲プロセス

実際の作曲プロセスでは、まず心に浮かんだメロディやリズムを基にして、サンプリングする素材を選びます。そして、選んだサンプルをCubaseやStudio OneなどのDAWで編集し、コード進行に合わせて配置します。このプロセスは、まるで絵を描くように、色と形を加えていくようなものです。サンプリングとコード進行のバランスが取れた時、曲に魂が宿ります。

まとめ

ヒップホップ作曲の初歩として、サンプリングとコード進行の理解は非常に重要です。これらを通じて、作曲家は感情豊かな楽曲を創造することができます。次の部では、サンプリングやコード進行を実際の曲作りにどう活かすかについて、もっと深く掘り下げていきます。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

第二部

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

サンプリングの深い掘り下げ:創造性を解放する

サンプリングは、単に音を切り取るだけではなく、それに新しい意味や感情を与えることです。僕の作品で言えば、自然の音や過去の楽曲から切り取ったサンプルは、STAND WAVEの音楽に独特の魂を吹き込んでいます。例えば、鳥の鳴き声や水の流れる音は、楽曲に生命感や穏やかさを加えることができます。サンプリングにより、リスナーはただの音楽を超えて、物語や情景を感じ取ることができるのです。

コード進行の応用:感情を紡ぐ

コード進行は、楽曲の感情を導く力を持っています。例えば、明るくポジティブな感情を表現するにはメジャーコードを、切なく深い感情を表現するにはマイナーコードを用います。僕の経験では、コード進行は曲の「心臓部」とも言えます。コード一つ一つが物語のシーンのように、曲全体の感情を紡いでいくのです。

サンプリングとコード進行の融合

サンプリングとコード進行を融合させることで、楽曲はさらに多層的な表現を持つことができます。サンプリングが提供するテクスチャーと、コード進行が生み出す感情的な流れが合わさることで、聴く人の心に深く響く作品が生まれます。この融合は、CubaseやStudio OneのようなDAWで細かく調整することが可能です。

まとめ

サンプリングとコード進行の深い理解と応用は、ヒップホップ作曲において極めて重要です。これらを駆使することで、単なる音楽を超えた芸術作品を創り出すことができます。次の部では、これらの技術を用いた具体的な曲作りのプロセスについて、僕の実体験を交えながらお話しします。

第三部

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

具体的な曲作りプロセス:サンプリングとコード進行の実践

曲作りは、感じたこと、思い描いた世界を形にするプロセスです。サンプリングとコード進行はその核となる部分です。例えば、僕が最近手がけた曲では、都会の喧騒と自然の静寂を対比させることを試みました。ここでは、その具体的なプロセスを紹介します。

サンプリングの選択と加工

まず、都会の喧騒を表現するために、街の音や人々の声のサンプルを集めました。そして、それらをCubaseで編集し、特定のリズムやテンポに合わせて加工します。サンプリングは単に音を切り取るだけでなく、その音に新たな意味を与えることが重要です。このプロセスでは、サンプル一つ一つに物語を持たせ、曲全体のストーリーを形作っていきます。

コード進行とメロディの作成

次に、コード進行を考えます。この曲では、自然の静寂を表現するために、穏やかで心地よいメジャーコードを選びました。ギターでいくつかのコードを試し、曲の雰囲気に合うものを選び出します。メロディは、コード進行に沿って自然に生まれるものです。僕の場合、メロディはしばしば直感的に作られます。曲の感情が自然に流れるよう、心を開いてメロディを探ります。

曲の構築と仕上げ

サンプリングとコード進行、メロディが決まったら、曲の構築に移ります。DAWを使用して、これらの要素をバランスよく配置します。曲の進行に合わせて、サンプリングの強弱を調整し、メロディとコード進行が一体となるようにします。最終的には、曲全体を通して一貫性のあるストーリーが語られるように仕上げます。

まとめ

サンプリングとコード進行は、曲作りの重要な要素です。これらをうまく組み合わせることで、単なる音楽を超えた芸術作品が生まれます。次の部では、これらの技術を応用したヒップホップ作曲の先進的なアプローチについてお話しします。

第四部

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

ヒップホップ作曲の先進的なアプローチ

ヒップホップ作曲の世界は常に進化しています。サンプリングとコード進行を基礎としながらも、新しい技術やアイディアを取り入れることで、より深い表現が可能になっています。ここでは、ヒップホップの作曲における先進的なアプローチについて、僕の経験を基に説明します。

テクノロジーの活用

最新のDAWや音楽制作ツールの進化は、作曲の可能性を大きく広げています。例えば、サンプリングの加工において、ピッチやタイムストレッチ、エフェクトの適用などが簡単にできるようになりました。これにより、既存のサンプル音がコード進行に合わない時に、合わせることができたり、さらにユニークに変化させ、オリジナリティあふれる音楽を作ることができます。

クロスジャンルの融合

ヒップホップはもともと多様な音楽ジャンルを取り込むことで発展してきました。現在では、ジャズ、クラシック、ロック、電子音楽など、さまざまなジャンルの要素を融合させることが一般的です。このクロスジャンルのアプローチは、新たな音楽的表現を生み出し、リスナーに新鮮な驚きを提供します。

ストーリーテリングの強化

ヒップホップにおけるストーリーテリングの重要性は増しています。サンプリングやコード進行を通じて、聴き手に強いメッセージや物語を伝えることができます。僕の場合、歌詞だけでなく、音楽そのものにも物語を込めるよう心がけています。これにより、曲は単なる音の集まりではなく、リスナーの心に深く響く作品となります。

まとめ

ヒップホップ作曲における先進的なアプローチは、テクノロジーの活用、ジャンルの融合、ストーリーテリングの強化など、多岐にわたります。これらを駆使することで、作曲家は常に新しい音楽の地平を切り開くことができます。次の部では、よくある質問に答えながら、ヒップホップ作曲のさらなる深みについて探求していきます。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

よくある質問と答え

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像
  1. Q: 初心者でもサンプリングを使った作曲はできますか?
    A: もちろん可能です。最初はシンプルなサンプルを選んで、基本的な編集から始めるのが良いでしょう。DAWの基本操作を学びながら、徐々に複雑なサンプリングに挑戦してみてください。
  2. Q: コード進行を学ぶにはどうすれば良いですか?
    A: 基本的なコードとその進行を学ぶために、ピアノやギターなどの楽器の演奏を始めることをおすすめします。インターネット上には無料の教材も多く、実践を通じて学ぶことができます。
  3. Q: ヒップホップ作曲において最も重要な要素は何ですか?
    A: 最も重要なのは、自分自身の感情やメッセージを音楽に込めることです。技術的な面も大切ですが、聴き手に伝わる感情がある作品が、より響くものになります。
  4. Q: サンプリングにおける著作権はどのように考慮すべきですか?
    A: サンプリングする際には、著作権に注意が必要です。既存の楽曲や音源を使用する場合、権利者の許可が必要な場合があります。著作権に抵触しないよう、必ず確認しましょう。
  5. Q: サンプリングの著作権はどうなっていますか?
    A: 他人の曲をサンプリングする際には「必ず」著作権の許諾が必要です。2000年代は、この部分がグレーで、あとになって著作権料を高額請求されるケースが多発しました。ですので、現在流通している曲で、サンプリングされたものは、必ず「著作者」に許可を得て、著作権料を支払っています。この部分を知らずに、人の曲を勝手にサンプリングし配信などをして利益を得てしまうと、後々大変なことになるので、気をつけましょう

まとめと感想

コラム用画像-STAND WAVE web site:@可児波起 - ラッパー - 歌い手 - 作詞家 - 作曲家の背景画像

ヒップホップ作曲の世界への旅

この記事を通じて、ヒップホップの作曲方法に関する幅広いトピックを探求しました。サンプリングの基礎から、コード進行の応用、具体的な曲作りのプロセス、そして先進的なアプローチに至るまで、ヒップホップ作曲の奥深い世界を一緒に旅しました。

個人的な感想

僕自身、25年間音楽の道を歩んできて、常に新しいことに挑戦し、進化し続けることの重要性を感じています。この記事を書きながら、自分自身の経験や学びを振り返る貴重な機会になりました。サンプリングやコード進行は、ただの技術以上のものです。それは、感情やメッセージを伝え、聴き手の心に響く音楽を生み出すための道具です。

音楽の力

音楽は、言葉を超えたコミュニケーション手段であり、強力な表現ツールです。ヒップホップというジャンルは、特にその力が強く発揮される分野だと僕は考えています。新しい技術やアイディアを取り入れながら、これからも感動を与える音楽を作り続けていきたいと思います。

最後に

音楽制作における旅は決して終わりません。常に学び、成長し、新しい地平を目指すことが大切です。この記事が、音楽制作に情熱を持つ人々の一助となれば幸いです。読んでくださった皆さん、ありがとうございました。

【STAND WAVEのオススメ↓↓↓】
・高音質No.1 DAW「Studio One」

・ラップに最適な世界標準マイク「SHURE SM58」
・プロ業界の定番ヘッドフォン「SONY MDR-CD900ST」

コメント

タイトルとURLをコピーしました